匠による特殊加工

FDM式プリンターでは、造形中に起こるノズル詰まりは避けられない現象ですが、その原因の一つにノズル出口長さが考えられます。 通常のノズルは一般的なドリルによる加工のため、ノズル先端付近までドリルが届かず、出口が長くなります。当社のノズルは、専用に製作された特殊ドリルによる加工のため、ノズル先端付近まで加工することでき、各穴径に対して理想的な出口長さを確保し、詰まりを最小限に抑えます。

 

キレイな仕上がり

一般的なドリル加工に比べ、当社が製作した特殊ドリルを使用した加工は、製作時に生じる内部のキズを最小限に抑えることができます。 これにより、溶けたフィラメントが流れる際の抵抗を極力減らし、スムーズな造形につながるよう工夫されています。

 

 

他社との違い

当社ノズルは自動機による大量生産品とは違い、一つ一つ手作業で丁寧に仕上げたノズルです。そのため、他社製品よりも内部の仕上がりはもちろんのこと、細部に至るまで高い精度で製作されています。一部の3Dプリンターメーカー様でも、当社の製作したノズルを正式採用いただいております。