Category Archives: プリント後の問題

Home / Archive by category "プリント後の問題"

造形物に隙間ができる原因

ノズルからフィラメントは出ているのに、なぜか造形物に隙間が出来る場合があります。

その時、こんなことが原因かもしれません。

(調整はスライサーソフト「Makerbot desktop」を使い説明します。)

 

❶スピードが速い。

フィラメントを押し出す速さと、エクストルーダの動く速さが合っていないと、十分に積層していないのに移動してしまいます。

[Extrusion speeds]の[inset]と[outline]を調整下さい。これはシェルを書く際の「内側」・「外側」のスピードです。

 

❷シェルの不足

プリンタの造形物は基本中空であるため、シェルの数を増やすことにより隙間が埋まる可能性があります。

 

❸トップの積層数の不足

上面に隙間が生じる場合は、造形の最後にインフィルを埋めるための層が足りないことが原因の一つです。

調整は、[Model propaties]の[roof thickness]で行います。

さらに、インフィルが足りないと天井が落ちてきますので、こちらも増やすことが必要かもしれません。

 

 

その他の原因はコチラ☟

造形時のエラーについて、様々な角度から原因を追究していきます。

詳しくは下のカテゴリーからお選びください☟

About Guardian

All the Lorem Ipsum generators on the Internet tend to repeat predefined an chunks as necessary, making this the first true generator on the Internet. All the Lorem Ipsum generators on the Internet tend to repeat predefined Lorem Ipsum as their default model text, and a search for web sites.